目の病気や疾患を持っている人

レーシックを受けることの出来ないケースとしては、目に何らかの疾患を持っている時となります。
レーシックは、とても敏感な部分である目を取り扱うため、どうしても治療を受けられる人に制限が出てきてしまうのです。目に何らかの病気や疾患があったり、特定の症状があったりする場合は、治療を断念になければいけないことがあります。
これは事前の検査で判明しますので、担当医の決定に従うこととなります。 レーシックは保険対象外となっているので治療を受けるためにはある程度まとまった費用が必要となってきます。
しかし保険が適用されるケースもあるので、まずはレーシックについていろいろと調べてみると良いでしょう。
緑内障や白内障の方や、またはぶどう膜角膜、ヘルペス性角膜炎を起こしたことがある方はレーシックを受けることが出来せん。
さらに角膜疾患を起こす可能性のある薬を飲んでいる方も断られてしまうことになります。

 

 



目の病気や疾患を持っている人ブログ:2018/12/05

ぼくはシェイプアップをするまで、
「この食事は何kcalかな?」なんてことは、
あまり気にしていませんでした。

せいぜい
「食事の量が多い」とか「脂っこい」かどうかを
判断する程度だったと思います。

でも、シェイプアップするようになってから、
ミックスフライやミックスフライなど、
よくくちにする食べ物がどのくらいのカロリーがあるのか
気にするようになりました。

というのも、シェイプアップは、
食事(エネルギー)を正しく認識できていないと、
成功させることが難しいからなんですよね。

昨日、あるTV番組で、
カロリーを表示していない食品の中から、
設定した合計カロリーになるよう、
食品を選択するクイズをしていました。

やせている芸能人は、かなり正解に近い解答をしていたのに対して、
太っている芸能人が選択した食品の総カロリーは、
大幅にオーバーしていたのです。

食べ物の認識がズレてしまうと、
エネルギーのコントロールがうまくいかず、
太ってしまうという証拠ですよね!

なので、シェイプアップを始めるときには、
くちにする食べ物がどのくらいのカロリーがあるか、
キチンと認識することから始めるのが大切だと思うんです。

カロリー本やインターネットを利用して、
1日の適正な食事を見ると
「1日にたったこれだけしか食べれないの?」と衝撃を受けるはず…
ぼくは、その時のショックを今でも覚えているくらいです!

食事を見ただけで、それがどのくらいカロリーがあって、
後、どのくらい食べられるのか・・・など、自然とわかるようになれば、
シェイプアップの成功も近いと思いますよ。