レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手

松坂投手がレーシックを決意したのは、先輩が実際に治療したのを聞いて決意したと言われてます。
これはニュースにもなりましたし、意外と有名な話ですね。レーシックの手術の感想として松坂投手は「全然問題ないと言われていたし、しかも治療はアッという間に終了して苦痛もなかった」と報告をされています。
さらにレーシック手術後の感想は「コンタクトをしているように全てがクリアに見えるようになり喜びを実感」と言っています。 ここ最近になってレーシックと呼ばれる視力回復手術が話題となっており、多くの人が実際に視力を回復されています。
まだ新しい医療のレーシックですが、その成功率は非常に高く、続々と喜びの声が報告されているのです。
レーシックで0.05の視力が1.5まで回復した松坂投手も現在では、アメリカで大活躍をしています。
これもレーシックによって視力が回復した効果があるのかもしれませんね。

 

 



レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手ブログ:2019/07/15

小さい頃、
ボクは父に対して不満がありました。

ボクは、父に誉めてもらった記憶がないのです。

父の言葉で覚えているのは、
「好きにしたらえぇ」「お前やったら大丈夫や」くらいのものです。

ボクにはそれが父から見放されているような感じがして、
一人ぼっちで心細く、寂しくて惨めな気持ちを感じ、
「誉めてほしい」「教えてほしい」「支えてほしい」といった思いが
満たされることはありませんでした。

そして、
「父はボクのことがあんまり好きじゃないんだ、
だから24時も日曜日も家にいないんだ」
「父が誉めてくれないのは、ボクがダメだからなんだ」
と感じていました。

大人になった今では、
それが真実ではないことを頭で理解することができますが、
それでも、
心では「愛されていたんだ」と感じて納得するまでには
至っていませんでした。

ところが、
すごく重大なことに気づいたのです。

誉められたことがなかったかもしれないけど、
否定されたこともなかったのです。

結構な放蕩男の子であると自覚があるくらいですから、
父にとって、眉をひそめるようなことが何回もあったことでしょう。
意見したかったこともたくさんあったでしょう。

にもかかわらず、
一度もないと断言してもいいくらい、
否定されたことがないのです。

父がボクに言うのは、
「好きにしたらえぇ」だけ。

「否定されていなかった」
それは、
「ボクを傷つけた」「ボクに寂しい思いをさせた」
「ボクに自信がないのは父のせいだ」
「ボクの求める父ではない」と、
心の中で何百回何千回とさんざん父のことを否定し、
責め続けてきたボクにとって、
雷に撃たれるくらいの大きな衝撃でした。

「否定しない」
それが、父の愛だったのです。