最も適した治療方法をまずは探す

最も適した治療方法をまずは探す



最も適した治療方法をまずは探すブログ:2018/04/18


特定の食材だけを食べ続ける
「単品減量」という方法がありますが、
これは良い効果が現れない上に、
体の調子も崩してしまいがちです。

ちょっと前に、
「りんご減量」って流行りましたよね。

この減量方法は、
りんごと水以外は一切口にしてはいけないという
かなりきつい減量です。

僕の友達は、
がんばって21日間続けたそうですが、
確かに体重は減りましたが、見た目はガリガリで美しくなく、
常に空腹の状態で体力がすっかり落ちてしまったそうです。

そしてりんご減量をやめた後は、
結局すぐにリバウンドしてしまい、
体調がものすごく悪くなってしまったそうです。
元の健康な体に戻るまで、とても苦労したようですよ。

他にも、
ゆで卵減量やグレープフルーツ減量、
パイナップル減量など
有名な単品減量がありますが…

これらの減量方法は、
極端に摂取するカロリーが減少しますので、
体重を短期間で減らすことはできるものの…

ひたすら同じ食材ばかりを食べるということで、
栄養が偏ってしまい体調を崩してしまいます。

摂取するカロリーがあまりに少ないので、
体が軽い飢餓状態だと認識して、
十分なエネルギーを脂肪細胞に蓄積しようとします。

そして、
減量をやめて普通の食生活に戻ったとたんに
リバウンドを起こしてしまいます。

このような「単品減量」は
できれば行なわないほうがいいと思います。

規則正しい生活をして、
バランスの良い食べる事を摂り、
適度なトレーニングをして減量することが
一番いい方法だと思います。


最も適した治療方法をまずは探す

最も適した治療方法をまずは探す

★メニュー

角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
目の病気や疾患を持っている人
クリニックの環境でレーシックの失敗例
ドライアイでもレーシックを受けられる
レーシックの種類によって適正が異なる
エキシマレーザーを使用するレーシック
妊娠中や授乳時期のレーシック
治療費用でクリニックを比較しよう
最も適した治療方法をまずは探す


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシック評判&詳細ガイダンス