レーシックの種類によって適正が異なる

レーシックの種類によって適正が異なる



レーシックの種類によって適正が異なるブログ:2014/07/25


7時は、気持ちよくスッキリと起きたい!
だけど、睡眠時間や起きるタイミング、体調、お天気などの影響で、
いつも爽やかというわけには、なかなかいかないものです。

眠い、だるい、つらい…というネガティブな気分を引きずらず、
一日を爽快にスタートするためには、体操がオススメ!

「7時の忙しいときに体操なんてしていられない!」
と思われるかもしれませんが、
体操といっても、ほんの2~3分のストレッチ。

7時、目が覚めてから
起き上がるまでのわずかな時間、
布団やベッドに横になったままで、
のびをしたり、足先を回したり、
体を軽くねじったりするだけでOK!

7時目覚めた直後は、
体全体の機能が低下していて、
脳と筋肉がうまく連動できない状態にあります。

急に起き上がって動き出すと、
つまずいたりぶつかったり、
寝ぼけたことをしてしまうことがあるのはそのせいです。

ですから、
7時、目が覚めたら、
まずはゆっくりと手足を伸ばしましょう。

そうすれば、
「これから動き始めるぞ」という信号が脳に伝えられ、
体を活発に動かす準備ができていくというわけです。

大切なのは、
ゆっくりと呼吸をしながら、
できるだけリラックスしてすることです。

これからの7時の慌ただしさや、
今日一日の予定などはなるべく考えずに、
体に意識を集中するようにします。

「これから動くよ」と
心の中で体に声かけしたり、
体中に血液が活発にめぐるのをイメージしたりすると
楽にできますよ。

まずは休日の7時にやってみて、
コツをつかんでしまいましょう。
そうすれば、慌ただしいウィークデーの7時だって、
目覚めスッキリ体操で一日を快適に始められますよ!

レーシックの種類によって適正が異なる

レーシックの種類によって適正が異なる

★メニュー

角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
目の病気や疾患を持っている人
クリニックの環境でレーシックの失敗例
ドライアイでもレーシックを受けられる
レーシックの種類によって適正が異なる
エキシマレーザーを使用するレーシック
妊娠中や授乳時期のレーシック
治療費用でクリニックを比較しよう
最も適した治療方法をまずは探す


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシック評判&詳細ガイダンス