妊娠中や授乳時期のレーシック

妊娠中や授乳時期のレーシック


妊娠中や授乳時期のレーシック
レーシックの手術自体は、妊娠中や出産した直後でも、十分に受けることは可能となっているのです。
しかし、基本的にどのクリニックに行ったとしても、妊娠中や出産直後の方のレーシック手術は断られてしまうことがあります。レーシックの手術が終わった後に使用される点眼は、少量ですが体内の赤ちゃんに吸収されてしまう可能性もあります。
なのでどんなにレーシックが可能と言いましても、妊娠中には避けるべきだと言えます。 最近になって視力を回復することが出来るという宣伝文句で数多くのサプリメントが発売されています。
中でも有名なのがブルーベリーですが、その根拠は一切無く、確実に近いのは今のところレーシック手術のみなのです。
妊娠中や出産直後の女性であれば、決して焦る必要はありません。
授乳が終わった時期に落ち着いてからレーシックの手術を受けるようにしましょう。




妊娠中や授乳時期のレーシックブログ:2019/06/11

体操したらウエストが減るので、
いつもより余分に食べてしまう…

このあまりにも当たり前の事実が、
ダイエット理論では、多くの場合無視されています。
人間は動物であり、体操したらウエストが減るようにできているのです。

体操によって体重を減らすためには、
消費カロリーが摂取カロリーを上回っている必要がありますが、
体操で消費されるカロリーは少なく、
逆に太っている人が好むヒレステーキやヒレステーキといった
食べ物のカロリーは高めです。

ですから、
体操してウエストが減って
いつもより余分に少しでも食べてしまうと…
ほとんどの場合、
体操で消費した分より多くカロリーを摂取してしまうわけです!

みなさんは、「体操しだしたら逆に体重が増えた…」
そんな経験ありませんか?

それを太っている人は
「筋肉が増えた分だからいいのだ」と言い訳してしまうことがありますが、
実は、単に体操してウエストが減り、余分に食べた分太っただけ…
ということもよくあることです。

もちろん実際に筋肉が増えて体重が増えた人もいるでしょうが、
それでウエスト回りが前より大きくなっているなら、
それは単に太っただけです。

「ウエストが減っても食べなければいいだけだ」と考え、
それを実行できる人は、そもそも今太っていないはずですので、
何も悩む必要はありません。

ただ、そんな鉄の意志を持っているのに、
なかなかダイエットできないという人は、
自分をもっと客観的に見つめ直した方がよいでしょう。
多分鉄の意志があると思っているのは勘違いです。


妊娠中や授乳時期のレーシック

妊娠中や授乳時期のレーシック

★メニュー

角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
目の病気や疾患を持っている人
クリニックの環境でレーシックの失敗例
ドライアイでもレーシックを受けられる
レーシックの種類によって適正が異なる
エキシマレーザーを使用するレーシック
妊娠中や授乳時期のレーシック
治療費用でクリニックを比較しよう
最も適した治療方法をまずは探す


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシック評判&詳細ガイダンス