角膜の厚みによってはレーシックを受けられない

角膜の厚みによってはレーシックを受けられない



角膜の厚みによってはレーシックを受けられないブログ:2018/12/16


今日はなんとなく思った事を書きますね

「鳥肌が立つ」という感覚。
この「鳥肌感」は不快な時と快感な時の両方感じるものですね。

例えば、自分の心にずっしり響く音楽を聴いたときや、映像を見たとき。
これは、快感の果ての鳥肌です。

逆の場合、何故かその鳥肌感はなかなか消えることなく、
ざわざわと首筋や腕や背中を騒がせる…とてつもなく嫌な感じ。

「黒板に爪を立てる音が最悪」とか、
「一斉に並んだ○○を見るともうダメ」など、
人によって様々なマイナス鳥肌感がありますが、

ミーの場合、「割り箸」がその最たるものなのです。

割り箸を代表として、
爪楊枝、アイスキャンディーのヘラなどがあります。

くちに入れたら最後、
くちの中の水分が全て吸い取られるようなあの感覚…
あーっ、考えただけで鳥肌が!

例えば
午後食のお弁当に買い割り箸が付いてくると、
行儀が悪くてもお茶や味噌汁にじっくりと箸を浸して、
あのガサガサ感を払拭しない限り、
ミーはいつまでもお弁当を食べられないのです。

更にコンビニでアイスキャンディーを購入する時は、
店員さんが当然のように「ヘラ」をレジ袋に入れようとするのを制し
「す、すみません、プラスチックにしてください!」と懇願。

凍ったままのアイスキャンディーの表面に突き刺さる
ヘラのガサガサを想像するにつけ、
アイスキャンディーの冷たさ以前に
ゾゾ-ッと背筋を寒い感覚が走り抜けるのです。

アイスキャンディー食べたい、でもこのヘラは使いたくない、
でも他に変わるものがないといった場合は、
ヘラを水にとことん浸して、色が変わるくらい馴染ませてから、
溶けかかったアイスキャンディーをすくうのです。
こんな面倒な手間を面倒と思わせないほどのヘラ威力。

爪楊枝をくわえる人を見ると
「くちの水分は大丈夫なのか?」と心配になってしまいます。

じゃんじゃん
角膜の厚みによってはレーシックを受けられない

角膜の厚みによってはレーシックを受けられない

★メニュー

角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
目の病気や疾患を持っている人
クリニックの環境でレーシックの失敗例
ドライアイでもレーシックを受けられる
レーシックの種類によって適正が異なる
エキシマレーザーを使用するレーシック
妊娠中や授乳時期のレーシック
治療費用でクリニックを比較しよう
最も適した治療方法をまずは探す


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシック評判&詳細ガイダンス