角膜の厚みによってはレーシックを受けられない

角膜の厚みによってはレーシックを受けられない


角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
レーシックの手術を受けることが出来ないケースとして、まず挙げられるのは角膜の厚みが足りない方となります。
自分の角膜は事前の検査によって知ることが出来るので特に問題はありません。レーシックの手術では、角膜の形をレーザーによって調整をしていくことになります。
目に入ってくる光の屈折する角度を調節していき、視力を矯正するという手術方法なので角膜は非常に重要な部分となります。 時代の最先端の技術によって実施されるレーシックは他の手術と比べてリスクの低い治療方法と言えます。
ただし必ずしもレーシックで視力を回復することが出来るというワケではありませんので、知識を覚えておきましょう。
レーシックの手術で角膜をレーザーで削ってしまった後でも、十分な厚みを持っていれば再手術をすることが出来ます。
この角膜の厚みが十分にあるかどうかということを、クリニックではしっかりと検査してくれます。




角膜の厚みによってはレーシックを受けられないブログ:2018/05/07

昨日、久々に実家に帰ってきました。

もともと帰る気はなかったのですが、
嫁にせっつかれて帰ったのです。

ぼくは実家に帰るのが嫌なわけではないのですが、
特に用事もないのに
帰る必要もないだろうと思っていたのです。

嫁曰く「みんなに会いたい」と。
会いたいという理由で
実家に帰るという発想がぼくにはなかったので
ちょっとびっくり…

まぁ、帰る理由もないけれど、
帰らない理由もないということで二人して実家に帰ると、
いつものように母親が甲斐甲斐しく世話を焼いてくれます。

そのうち親父が帰ってきて、
いつものようにマイワールドな話を始めます。
その後、お兄ちゃんが帰ってきて、
仕事やら車やらパソコンやらの話に華を咲かせます。

儀式のように、いつも同じことが繰り返されます。
特段感動もなく、新鮮さもなく、
いつものことがいつも通りに流れていきます。

その間、
嫁は、母親の料理に感動して作り方を教えてもらい、
親父の話を面白そうに聞き、
ぼくとお兄ちゃんの話をニコニコしながら聞いています。

ぼくにとっては長年慣れ親しんだいつものことなのですが、
嫁は、それがとても楽しい時間のようなのです。

そして帰りに
いつもぼくにこう言います。

「楽しかったね。また遊びに行こうね!」

嫁は、ぼくの家族をとても愛していてくれて、
みんなのことを大好きだと言ってくれます。

これは、ぼくにとって、
とても嬉しいことですし、ありがたいことです。

何十年も家族をやっていると、
家族は当たり前の存在になってしまっていて、
家族のいいところよりも、アラに目が行ってしまいます。

そんなぼくの代わりと言っては何ですが、
嫁はぼくの家族のいい所を見て、愛してくれます。

角膜の厚みによってはレーシックを受けられない

角膜の厚みによってはレーシックを受けられない

★メニュー

角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
目の病気や疾患を持っている人
クリニックの環境でレーシックの失敗例
ドライアイでもレーシックを受けられる
レーシックの種類によって適正が異なる
エキシマレーザーを使用するレーシック
妊娠中や授乳時期のレーシック
治療費用でクリニックを比較しよう
最も適した治療方法をまずは探す


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシック評判&詳細ガイダンス