エキシマレーザーを使用するレーシック

レーシックとは角膜に対してエキシマレーザーというレーザーを照射して、屈折率の矯正をしていくことで視力回復を目指すものです。
今ではテレビや雑誌でもレーシックが多く取り上げられ広く認知されてきています。レーシックではまず角膜の表面をスライスし、「フラップ」と呼ばれている蓋状のものを作成していきます。
このフラップをめくった状態でエキシマレーザーを照射し、角膜を削っていき屈折率を矯正していきます。 「本当にレーシックをすることで視力回復を実現できるの?」と疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
実際にレーシックに関する情報サイトを確認してみますと、ほとんどの人がその喜びを感じているという事実があります。
レーシックは非常に精密な手術となっており、術後すぐに視力の回復が実感することが出来ると言われています。
しかし実際に通常の生活を送るためには、作成したフラップがしっかりと癒着している必要があるのです。

 

 





コンビニ後払いはこちら
コンビニ後払いについてのサイト
URL:http://www.xn--n8jwkxa0a7ii9c4p3868as9bgoq2xbm7a266h.com/


エキシマレーザーを使用するレーシックブログ:2019/01/21

体重、体脂肪率、BMI、ウエストサイズ…
とかくダイエットには数字が付きまとうもの。

そして数字はついつい人と比べたくなるものです。
比べるつもりはなくても、比較するのが簡単なので、
優劣の基準になりがち…

例えば…
ダイエット中の仲間と比べて、
「ボクなんてダイエット始めて一ヶ月たつけど、
10キロ落とすのがやっと…」と落ち込んでしまったり、
「体脂肪率をそんなに落とすなんて、ボクには絶対無理…」と
ダイエットをあきらめたりしたことありませんか?

でもね…
体重や体脂肪率、ダイエットの期間を、
人と比べるのはあまり意味が無いと思うんですよね。

実際、
体重100kgの人が90kgに減らすのと、体重50kgの人が40kgに減らすのとでは、
同じ10kg減でも、ダイエットの難易度はまったく違いますよね。

また、同じマイナス10kgでも
筋肉量をキープ、もしくは増やしながらダイエットした人は、
体重を落とすのに時間はかかるものの、
基礎代謝量が高く、太りにくくてやせやすいからだになっているので、
リバウンドする可能性も低く、筋肉がある分、
見た目も健康的で引き締まって見えるわけです。

ダイエットの目標値やそれに必要な期間は、
その人の体質や遺伝、生活環境によって当然変わるもの。

ダイエットに関する数値を他人と比べることで、
「ボクもがんばろう!」とやる気になるのであればいいのですが、
無意味に落ち込んで自分に自信をなくしてしまったり、
ダイエットそのものをあきらめてしまったりすることは、
とてももったいないことなんじゃないでしょうか?